データ集約プログラム [PCAシステム]

2014年4月1日 / 開発ソフト

PCAシステムは、今までにない、ホールコンピュータメーカーを超えたシステムです。

PCAシステムとは?

自店、自社グループ店のデータ管理の他、集約した他法人、他店舗データの機種平均、パチンコスタート別データ、スロット設定別データが見ることができるシステムです。
このことにより多店舗経営されている大型チェーン店と同様もしくはそれ以上のデータを単店舗、少店舗数経営されている法人店舗様も得ることができ1機種1台しか設置していない様な台でも使用したことのないスタート帯や設定値のデータが確認でき稼働貢献や粗利貢献に役立てることができます。その他、製造番号による機種管理と台番ごとの設置場所管理も行っており1台ごとの管理とケアーが可能です。パチンコは(4円)(2.5円)(2円)(1円)(0.5円以下)スロットは(20円)(12.5円)(10円)(8円)(7.14円)(6.25円)(5円)(2.5円)(2円)(1円以下)に貸し玉別にデータ確認することができます。その他グループ店のレート別データ管理機能、売上、粗利は月次、日次、期間指定で確認することができます。

システム開発に至った経緯

近年、パチンコ業界の店舗数、参加人口の減少は様々な紙面やネット上で報告されており言うまでもありません。しかしながら、店舗設置台数は増加しており2012年設置台数別店舗数では、100台以下30店減、101~300台213店減、301~500台88店減、501~1000台137店増、1000台以上20店増(警察庁発表資料)のデータでも分かるように小中型店の減少、大型店増加、さらに大型出店されている法人は特定されている様にも見受けられる地域も多数あり、小中型経営されている法人と差がつく状況になっております。
皆さんも見たり感じたことがあると思いますが、久々に訪れる地域に出向いた際に、ここにあったはずのパチンコ店が違う建物やさら地になっていたり、規模が拡大された他法人の大型店舗になっている状況を見た経験があると思います。そして、4月からの消費税増税、さらには2015年10%と言う状況になるとこのままではより一層大型チェーン店グループとそうではない店舗との差が激しくなる事ともわれます。
経営資源の人、物、金と言われる有形資源は同じように取り揃えることができても、無形資源である情報、中でも集客、収益に必要な遊技台データは大型グループ店には及ぶことができないのが現状です。低貸し営業が盛んになり特にバラエティーコーナーの様に様々な機種を数多く設置するコーナーも大事な営業戦略になっていかなくてはならないですが、単店舗では1、2台しか設置していない機種データ量と大型グループ店が持っている機種データ量では大きな差がつくのは当然です。使ったことのないスタート帯やスロットの設定値など豊富なデータ量はあるのと無いのとでは稼働や粗利に大きな差が出ることになります。それであれば単店舗や少ない店舗経営されている店舗データを集約し大型グループ店同様もしくはそれ以上の機種データを得ることができれば経営資源での差が無くなることになります。
この、PSAシステムは店舗データ管理機能、グループ店データ管理機能、売上粗利管理機能の他、集約したて店舗の機種データ平均とスタート別、設定別詳細を確認することができます。機密内容である台データは平均化することにより店舗特定することが不可能であれば今まで社外に出ることのなかった店舗データを共有しあい業界の主役であり要である店舗の減少と業界発展になればと思いこのデータ集約プログラム「PCAシステム」を独自開発いたしました。

カタログ

[PCAシステム] のカタログを用意しました。
[PCAシステム] カタログ (PDFファイル/1.57MB)

デモ

デモ画面を見ることができます。
下のリンクをクリックし、ユーザ名 demo パスワード demo でログインしてください。
http://pca-s.com/vainqsys
※参考データ表示 2006年1月4日 設定

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る